前へ
次へ

食べ物アレルギーを持つ子供の育て方

我が家の子供も食物アレルギーを持っています。
乳児の頃に発症し、現在小学生ですが特定の食べ物を

more

鶏卵アレルギーがあるときの注意

栄養価が高い食品として知られるのが鶏卵で、たんぱく質の他ビタミンなども豊富に含まれています。

more

治癒するのが難しいアレルギー疾患と戦う

アレルギー疾患の一つであるアトピー性皮膚炎の治療方法の一つとして、塗り薬を使うという手段があります。

more

アレルギー対策はしっかりと

食品業界では、次々に新しい商品が登場しては消えていっています。
新製品ができても、数年後まで生き残っている商品はほんの一握りなのです。
そして、小売店からは次々に新製品の依頼が舞い込んでは消えていきます。
開発品の中で、最後まで生き残って市場に出ることが商品の数も、ごく限られたものなのです。
しかし、開発する側としては、全ての商品が一人前でなければならず、市場が大きかろうが小さかろうがきちんとしたものにする必要があります。
特に、食品業界では、表示ミスによる商品回収が身近なこととしてあるため、しっかりとしたチェック体制が必要になるのです。
中には、今日依頼を受け、明日には試作品を提出しなければならないといった状況になることも珍しくなく、次の週には生産開始、という状況にもなります。

https://www.autec.co.jp/

森ノ宮RPG

各メーカーから原材料の情報、とくにアレルギー情報を抜け目なく集め、最終製品にした場合、表示が必要か、不要かの判断を個々にしていく必要があります。
場合によっては、自社では判断することができず、公的機関に問い合わせを行い、時間がない中で判断を仰ぐ場合もあります。
並行して、商品の仕様、梱包のための設計、外装デザインなど、同時進行となるのです。
そういった時間が進む中で、アレルギー表示を確実に行うためには、原料段階での精査がとても重要になってきます。
すぐに、原材料の規格書を提出してくれる体制を持った原料メーカーを選定する必要があるだけではなく、そのデータの信頼性が高いことが要求されます。
こうした体制を築いておくためには、普段の活動が大切になっており、サプライチェーン全体がスムーズに動くだけの下準備をしておく必要があるわけです。
これらの仕組みを間違いなく動かしていくためには、ISO22000といった食品向けの国際規格に沿った管理をすることが適切といえます。
これらは外部の視察が入ることで、機能的に動いているかを確認することができるため、継続性も期待できます。

Page Top